FusionMuseum " Knit x Toy "

フュージョンミュージアム ニット×トーイ

 

Museum / Library

CREDIT

アーキヴィジョン広谷スタジオ
Archivision Hirotani Studio

2009 Wakayama, Japan

CONCEPT

世界的なニット編機メーカーの島精機製作所のニットと、おもちゃのコレクター北原照久氏のおもちゃを融合させた展示スペース。壁面がニットで仕上げられているニットゾーンは30 秒サイクルで光のシーンが変化する。表から当てた光により生地の風合いを感じるシーンと、裏から光を透かせて網目の構造を知ることができるシーンである。ニットゾーンは白を基調とした明るく開放的なイメージでまとめ、トーイゾーンはディスプレイ照明に特化してコントラストをはっきりさせた。

Top

This was an exhibition for the private toy collector, collaborating with the knitting company. In the knittings wall zone, two different lighting scenes were preprogrammed
to alternate every 30 seconds. The texture of the knitted surface can be easily picked up by illuminating the knitted wall from the front. On the other hand, the structure of the knitting is more visible by illuminating it from the back. A white color lighting solution was applied in the knitting zone to create a bright and open atmosphere. The toy zone was designed with comfortable contrast by highlighting the exhibited objects.

Top

這是一個私人玩具收藏家與針織公司的展覽館項目。在針織墻區域,兩種不同的燈光場景每30秒交替一次,過照亮針織墻正面,人們很容易感受到針織物表面的質感;而照亮針織墻的背面,可以更清晰的看見編織的結構。 這個區域采用了以白色為主的照明方案,旨在營造明亮及開放的氛圍。在玩具展覽區域設計了具有對比效果的照明方案來突出展覽品。

Top