Le Lexus L-finesse "crystallised wind"

 

 

Exhibition / Event

CREDIT

藤本壮介建築設計事務所
Sou Fujimoto Architects

2009 Milan, Italy

CONCEPT

ミラノ デザインウィーク2009、レクサスのアートエキシビジョン。「結晶化した風(crystallised wind)」をコンセプトに、LF-A の1/1 サイズアクリルモデルと30 個からなるアクリルの椅子が、レクサスの研ぎ澄まされたダイナミズムを表現する。それぞれのカタチに描いた光を用いてLF-A のアクリルモデルと椅子に光を当て、水面に浮いているような緊張感と浮遊感を得た。調光特性の異なるLEDとムービングスポットをDMXプログラミングで制御し、音楽にシンクロさせながら3つの光のシナリオを展開した。

Top

This was an exhibition exhibition held in an art museum during Milan Design Week 2009. With the main concept “Crystallised wind” in mind, a full-scale acrylic model of “LF-A” was created and surrounded by thirty acrylic tables. Our task was to uniformly illuminate the full-scale model in Lexus’s concept color and to sharply pick up the acrylic tables. The DMX lighting control system made it possible to synchronize the lighting production with background music.

Top

這是2009年在米蘭設計周期間藝術博物館舉辦的臨時展覽,采用“結晶風”的概念,會場上設置了1:1比例的“LF-A”壓克力模型和30張壓克力桌子。我們的任務是運用LEXUS的概念色彩均勻的照亮模型和桌子。同時通過DMX燈光控制系統,令照明效果和背景的音樂交相輝映。

Top