House N

 

 

Personal Residence

CREDIT

藤本壮介建築設計事務所
Sou Fujimoto Architects

2008 Oita,Japan

CONCEPT

3重の入れ子になった白い箱が開口部によって曖昧に連続し屋内と屋外が溶け込んで境界を失った不思議な居住空間。表や裏、内と外の区別が反転しながら場をつくっているこの建築に対し、面と開口の光についても反転の関係を重ねようと考えた。面が照らされ開口部が影になる、または開口部が明るく見え面が影になる。外から見る、中から見るといった視点場を複数想定しできるだけ単純な手法で陰影と反転の美しさを表現した。

Top

This was a private residence project. The architecture is composed of three encased white boxes. The space has no clear boundary between the interior and exterior and each space is vaguely connected. To emphasis this architectural feature, the openings and walls were designed to have a good contrast.

Top

此專案為一私人住宅專案。House N是由3個白色箱子重疊、以其開口曖昧地連接屋內與屋外、迷失境界的不可思議的居住空間。對於把表及裏、內及外的區別反轉而製造不同空間的建築,我們提案把面以及開口的光也應用其反轉的關係。面受照時開口成影、開口受照時面成影。我們預想從外、從內觀賞時的多種角度,並盡力以單純的手法呈現陰影與逆轉的美感。

Top