Urabandai Kogen Hotel Landscape Lighting

裏磐梯高原ホテル 外構照明改修計画

 

Landscape

CREDIT

竹中工務店
Takenaka Corporation

2011/2014 Fukushima, Japan

CONCEPT

2011年、2014年と二期に渡る外観・外構の照明計画。2011年は建物の外観照明とホテルに隣接する弥六沼まわりの歩行照明を設置。特に特徴的な三角屋根をアップライトすることにより、エントランスらしい雰囲気を与えている。2014年には、磐梯山、弥六沼、及び高原を望む遊歩道を中心に照明を一新。昼だけでなく夜においても外構全体を安全に散策できるようになった。既存のポール灯や設備を再利用し、照明の存在感を抑えながら裏磐梯の木々の色が四季折々に現れるように工夫している。

Top

This exterior lighting project was conducted twice,once in 2011 and again in 2014. In 2011,the pathway lighting of the building and the foot lightings around the pond were installed. Uplighting was employed for the characteristic triangle roof to create a welcoming atmosphere. In 2014, lighting was refurbished mainly on the path with a view of Mt. Bandai, Yaroku-numa, and the highlands to make walks enjoyable not only in daytime but also safe at night. Creative efforts were made to bring out the seasonal colors of the trees of Urabandai by reusing existing poles and facilities while eradiacating the presence of the lighting.

Top

此為分別於2011年及2014年進行的外觀及外部照明計劃。2011年進行了現存建築物及増建物的外觀照明裝修,特別是把特徵性的三角屋頂上照打亮,為其賦予正門本色的氣氛。2014年則以眺望磐梯山、彌六沼、高原的散步道為中心翻新其照明設計,使人除了在日間,於晚上亦能享受散步的樂趣。我們再利用了現存的燈桿及設備,致力呈現裏磐梯四季轉換的樹木色彩。

Top