Niutsuhime-jinja

丹生都比売神社

丹生都比賣神社

Temple/Church

CREDIT

2016 Wakayama, Japan

CONCEPT

高野山の中腹天野盆地に佇む、世界文化遺産に登録された由緒ある神社のライトアッププロジェクト。丹生都比売神社は女神が祀られていることから、女性的で優美な柔らかさのある佇まいを、1700年以上の歴史を持つことから、それにふさわしい上品で繊細なライトアップをテーマとした。
敷地の中で直線上に並ぶ神社特有の鳥居・楼門などの要素を、光と影の重なりを利用した奥行き感を生かして演出した。また、各要素のもつ朱色が映えるよう演色性にもこだわっている。
神社の建築は対称性があるため、光も左右対称性があるようにライトアップ用の器具の位置を定めた。結果として組物の影なども美しく対称に現れることとなり、静けさのなかに尊厳のある雰囲気が作り出されている。

Top

This is a light up project for one of the historic shrine which is registered on the World Heritage List, located on the mountainside, Amano basin of Mt. Koya.
Since Niutsuhime is enshrined Goddess, with more than 1700 years of history, the theme of this project was sophisticated and sensitive lighting up which are fit to Mt. Koya, the presence of feminine and grace softness
Using overlap of light and shadow, it is achieved to create a sense of depth, making for the element of characteristic such as Shrine Gate and Tower Gate where directly aligned within its premises. Besides, it is concerned about color rendering properties in order to show bright red of each elements.
Since there is symmetric property for architecture of Shrine, it is decided of each location of lighting fixture for lighting up, so that the light became bilaterally symmetric one as well. As a result, it is achieved to make appearance of braided shadow symmetry beautifully and created the atmosphere with dignity inside of silence.

Top

這是一個古老神社的照明設計項目。【丹生都比賣神社】是坐落於高野山山腰天野盤地的古老神社。神社爲供奉古代挖掘硃砂一族所祭祀女神而設至今已有多於1700年歷史,並已被註冊成為世界文化遺產。設計主題以女性優美柔軟的外觀和優雅細膩的形象爲主,令神社在高野山的腳下柔柔亮起。

利用光影重疊的元素,凸顯出建築物的層次感及深度,令神社的正樓門、太鼓橋及外鳥居的中央直接對準。此外,設計採用高顯色性能的燈具,爲求顯示内部建築群的鮮紅色。
由於祠堂的建築有著强烈的對稱性,燈具的位置均選用了往上的照明方式,左右的對稱照明令建築顯得工整有序。對稱的影子完美地互相交織,殿安靜的内部充滿著威嚴而高尚的氛圍。

Top